悪口を言うと自分に返ってくるからやめような

愚痴を言うと自分に 返ってくるからやめような

会社だったり地域だったり幼稚園、小学校の父兄のつながりなど生きていると多少なりコミュニティーに属しながら過ごすことは避けられません

こういった時に必ず耳にするのが『愚痴』や『悪口』なのではないでしょうか

目次

僕の会社には常に人の悪口を言う人がいる

今現在僕が務めている会社に人の悪口ばっかり言う人がいるんですよね(仮にAとします)

仕事のミスをする人がいればすぐ揚げ足をとり「なんでそんなセンスないんだよ」とか「そのミスで〇〇円の損失だなw」など息を吐くように相手を下げるような言葉が出てきます

正直聞いてて胸糞悪くなってくるのですが

結局同僚たちも関わりたくなくてAから離れていき、いつからかみんなAの悪口を言うようになっていました

悪口を言うと自分に返ってくる

この時僕は思いました

『自分が言ったことってしっかりと自分に返ってくるんだな』

僕も以前は人の悪口を言ってた時がありました

確かに同僚と嫌いな上司の愚痴を語りながら飲む酒は最高に美味しいんですよ。笑

でもね、自分が言ったことってどこかで同じように自分に向かって言われているんですよ

言霊という言葉もある

言霊とは言葉に内在する霊力ともいわれており古くは奈良時代から言葉には力があると信じられてきました

なので人の悪口をに何げなく言ったことが力となって自分に返ってくる

と考えられることは自然なことではないでしょうか

言葉にするならほめ言葉を言おう

ハッピー

なので嫌なことがあって心の中ではものすごく愚痴を吐き出したい時こそ相手をほめる言葉を使うようにしています

するといままで心が重くてモヤモヤしていた気持ちが若干軽くなるんですよね

なんでかは分かりませんが、、、

さらに周りの自分に対する評価もいい方向に変わってくるんです

プラスの発信をすると必ず自分にもプラスで返ってくる

けんたろう

少なくともマイナスはないです

社会的な成功者はポジティブ思考

世の経営者や社長と呼ばれる方が

うちの会社は全然ダメなんだよね、、、

とか

わが社は使えないやつのポンコツ集団だ!

などと言っていたらどうでしょうか?

不信感しかありませんよね?笑

社会のいわゆる成功者たちはネネガティブな言葉を嫌い、自然と前向きな気持ちでいることで富をつかんでいるのです

今日から『悪口』→『ほめ言葉』に変えてみよう

ヒント

今まで愚痴ることがストレス発散になっていたという人は今日からほめ言葉を少しずつでいいから使っていきましょう

髪を切った人がいれば、、、

「髪切ったんだね!似合ってるよ」

子どもがあいさつしたら、、、

ちゃんとあいさつできてえらい!

など

もしほめることが無いときは、、、

なんかいい感じですね!

でオッケーです

悪口からほめ言葉に変換、ぜひ今日から試してみましょう!

今日はこのへんで

愚痴を言うと自分に 返ってくるからやめような

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次