【結果超楽です】キイロビンにポリッシャーを使うとどうなるか【油膜落とし】

梅雨に入り雨の中運転することが多くなってきていると思います
そんな時に

悩んでいる人

雨の日にガラスがギラギラして走りにくいなぁ

とか

悩んでいる人

ガラスに模様が入っていて運転し辛いのをどうにかしたい

なんてこと経験したことある方多いのではないでしょうか

実はこのギラギラや模様はガラスにこびりつた油膜が原因なんですよね

このギラギラをキレイに取り除いてくれるケミカル用品がこのキイロビンなんです

今回はキイロビンを楽して施工するためにポリッシャーを使った様子を記事にしてみました!

キイロビンの使い方はこの記事から!

目次

キイロビンとは

特徴

40年以上前から販売し、ユーザーの皆様から長い間ご愛好していただいている、油膜取りの代名詞「キイロビン」のスタンダードモデル! キイロビンは、降雨時の視界不良の原因となるガラスのギラツキや油膜・被膜を確実に除去し、安全なドライブをサポートする商品です。 今まで何を使っても取れない超ガンコな油膜や劣化して見にくくなったガラスコートも、酸化セリウム成分がしっかりと、簡単に落とします。 また、ガラスコーティング作業の前処理剤としてキイロビンを使えば、ガラスコーティング効果が増大します。プロスタッフ公式ホームページより

けんたろう

キイロビンを一度使うとあまりの素晴らしさに感動しますよ!

油膜とは

水分やアスファルトの油分、カーワックスの成分などが固着したものに太陽の光などで焼き付いたものが油膜です

油膜は対向車のヘッドライトからの光が当たるとギラギラと反射して前が見づらくなったりしてとても危険です
またワイパーのビビりの原因にもなったりするので除去することをオススメします

早速キイロビンをポリッシャーで作業していく!

使用するのはこちらRYOBIのランダムオービットサンダ・ポリッシャー RSE-1250

通常ボディを磨くのに使用している

あとはキイロビンとポリッシャーに取り付けるスポンジバフを準備すればオッケー

RYOBI専用のスポンジバフ
安価でよく使用しています

まずは洗車を行い車に付着しているゴミやホコリなどを洗い流していきます

ケミカル剤を使う際最初に洗車は必須!

洗車を終えたらポリッシャーにスポンジバフを取り付けます
マジックテープになっているので取り付けは非常に楽です

スポンジバフにキイロビンを少量つけます

量が多いとポリッシャーを回転させたときにキイロビンが四方八方に飛び散って服がえらいことになってしまいます。。。

しっかりと水分を含ませたことを確認して作業していきます!

RYOBIのランダムオービットサンダ・ポリッシャー RSE-1250は回転の調整が6段階あるのですが、今回は真ん中よりちょっと緩めの【3】で行いました
このくらいの回転でも油膜おとすだけなので全然オッケーです

極力押し付けすぎないように作業しました

なんだかんだ、キズが付いてしまったらという怖さから慎重になってしまいますよね。笑

水を流してみて不自然に撥水したりギラギラが残ってたりしなければオッケーのサインです
水の流れがのぺーっと親水状態になっていれば完璧!
キイロビンがしっかり油膜を落としてくれています!

キレイなガラスが復活するととても気持ちがいいです

手磨きとポリッシャーを比較すると、、、

以前キイロビンを手磨きで施工した際はミニバンで大体30分~40分ほどかかっていましたがポリッシャーだと10分程度で作業できてしまいます

やはり電動工具の力は偉大ですね!

注意点


・今回の施工方法はメーカー非推奨となっていますので試される際は自己責任でお願いいたします

・またポリッシャーを強く押し付けたり、水分が少なすぎるとキズの原因を作ってしまいます

キイロビンで油膜を落とせたら

フロントガラスをピカピカに磨けたらせっかくなので撥水コーティングまでしてしまいましょう!

ハイブリッドストロングは撥水コーティングの中でも定評のあるケミカル剤だ

結果:キイロビン+ポリッシャー=最強!

結果的にキイロビンをポリッシャーで施工するとものすごく楽に、かつ簡単に油膜落としできることが検証できました!

梅雨前には油膜を落として雨の日でも快適な運転ができるようにしたいですね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次