【言葉は現実化する】人生を好転させたいならいい言葉を使おう【要約】

悩んでいる猫

将来が不安だ、、、
自分には無理かも、、、

というようなネガティブな言葉を無意識のうちに使っているあなた

今すぐ

自分なら大丈夫」 「自分ならできる

と、前向きな言葉に変換してみましょう!ここからあなたの人生は確実に良くなっていきます!

\今回はこの本からの要約になります/

耳で聞く読書はオーディブル、こちらからどうぞ!

Audible(オーディブル)
目次

成功者は良い言葉の力を知っている

言葉は思考よりも強い力を持っている

ナポレオン・ヒル著書の(思考は現実化する)という有名な本でもあるように人間が考えていることというのは現実になりうると言われていますがこの思考を超えていくものが「言葉」の力なんです

例えば仕事において内心出世したいと思っていても、同僚に対して気恥ずかしさから

イケメン

お、俺、出世なんて興味ねーし

なんて言ってしまったら脳は思考よりも発した言葉を優先的にとらえてしまい出世できない自分に向かって動き出してしまうのです

褒められた時の返事の正解は「ありがとう」

たまに人から「イケメンですね!」とか「美人ですよね!」と、褒められて

イケメン

い、いやいや!イ、イケメンじゃねーし!

なんて全力否定する人を見かけますが、これ実はあまりよくないんです

もちろん日本人特有の気づかい文化「謙遜」「遠慮」は悪いものではありませんが、否定ばかりしてしまうと、それこそ自己肯定感が低くなりがちになってしまいます

褒められた時は「ありがとう!謙遜と卑屈は紙一重!

言葉というハンドルをうまく使い人生を上手にコントロールする

悪いことが続いた時など(例えば道で転んだり)したときは

かすり傷だけですんでラッキーだった

企業の面接に落ちてしまったときは

自分にはもっといい企業が待っているから良かった

という風にポジティブな言葉を使っていくことで運をいい方向に切り替えていくんです

幸せとか不幸とかは他人や環境によって決まると思われがちですが実は幸せにになるか不幸になるかは自分自身によって引き寄せているというのが分かると心が少し軽くなると思いますよ

プラス言葉を習慣化する

人と話しているときにその言葉を聞いているのはまぎれもなく自分自身です

その言葉通りの人生になっていくというのは噓のようでまぎれもない事実

相手に集中している分ノーガードで自分の発した言葉が自分の脳に入ってきます

けんたろう

一番耳にするのは自分がしゃべっている言葉だよね。。。

子供のころに親から「言葉づかいに気を付けなさい」と口酸っぱく言われた経験は多くの人にあると思います

これにはもちろん相手がキズづくような事を言わないように、という意味合いももちろんありますが、この言葉の裏には「発した言葉通りの人生を歩みだす」という意味があるのでいい言葉を使っていきましょうとなっているんです

プラス言葉・マイナス言葉の例

発するだけで人生が良くなっていくプラス言葉

あくまで一つの例ですが、、、

  • いいね
  • ありがとう
  • できるよ
  • 運がいい

上記のような言葉がプラス言葉

全然難しい言葉じゃないので今からでも使うことができます

反対にマイナス言葉の例は、、、

  • 無理だ
  • 最悪
  • できない
  • 許せない

というようなネガティブな言葉が並びます

仕事などで無意識に「こんな仕事自分にはできないよ」って言っていたら、次からは「自分には絶対にできる、これはチャンスだ!」と無理やりにでも言葉にしていくことでそこから成功に向かって意識が変わっていくようになります

まとめ:言葉は自分に跳ね返ってくる

返報性の法則という言葉があるように人に与えたものは巡り巡って自分に返ってくるというものがありますが

言葉も同様で自分から発した言葉はいつか自分に必ず帰ってきます

たまに他人から汚い言葉を言われたりすることでひどく傷ついてしまうこともありますが、大丈夫、そこまで気にしない様にしましょう

この場合一番傷つくのは言った本人になります。汚い言葉も巡り巡っていった本人に返ってくるので

なので自分も以前 夢や目標を紙に書いても実現しない!?自身の実体験をもとに解説! の記事で書いたように夢や目標を紙に書き、さらに通勤の時間などで声に出して夢や目標までを最短距離で進んでいる最中です!(はたから見たら怪しい人かもしれませんが、、、笑)

良い言葉を使うとまわりまわって自分に返ってきますし、なにより心がスッキリします

けんたろう

プラス言葉を常に心がけて素敵な人生を送ろう!

耳で聞く読書はオーディブル、こちらからどうぞ!

Audible(オーディブル)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次